vue.js + NuxtJSを初めてみる

API

詳しくはNuxtJSのドキュメント、また基本はVue.jsのドキュメントを参考にしてください。

Nuxt

context は、Nuxt から Vue コンポーネントに追加のオブジェクト/パラメータを提供し、特別な Nuxt ラ…

Vue.js - Intuitive, Fast and Composable MVVM for building in…

 

data

private変数のような物。templateでは{{ 変数名 }} で表示できる。

computedよりも先に生成されるため、computedの値を取得できない。

computed

引数は使えないので、dataプロパティに用意して使う。

監視できるものはdataプロパティで、computedの値は監視できない。

watchは基本使わず、computedが推奨されている(と書いてあった気がする)

methodとほぼ同じものを作成できる。どのように使い分けるか。

  • 依存関係のあるプロパティ に変更があった際に再評価したい
  • 意図的にキャッシュしたくない
  • methodはアクション時、computedは自動評価

asyncData

サーバーサードでデータを取得して、レンダリングする際に必要。非同期の処理を行える。

コンポーネントがインスタンス化する前に実行されるため、thisを通してコンポーネントのインスタンスにアクセスできない。

また、ページロード時に実行されるので、現状のページパラメータに大して更新はできない??

asyncData の結果は data とマージされる。

 

次はフォーム入力バインディング


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/jszk/desnote.com/public_html/wpjs/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:658 Stack trace: #0 /home/jszk/desnote.com/public_html/wpjs/wp-includes/template-loader.php(78): include() #1 /home/jszk/desnote.com/public_html/wpjs/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/jszk/desn...') #2 /home/jszk/desnote.com/public_html/index.php(17): require('/home/jszk/desn...') #3 {main} thrown in /home/jszk/desnote.com/public_html/wpjs/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 658