vue.js + NuxtJSを初めてみる

ディレクトリ構造

Nuxt

デフォルトの Nuxt のアプリケーション構造は小規模なものから大規模なものまで両方のアプリケーションにとって素晴らしい…

assets

sass、image、stylusなどコンパイルされていないファイルを配置する場所。

conponents

コンポーネントをここに置く。ボタンとか、便利モジュール系を作っておくと、車輪の再開発をすることがないので効率が良い。

vue.jsやreactで個人的には一番使いたいやつです。

middleware

レンダリングするよりも前に実行されるカスタム関数を定義できる。

pages

前述にありましたが、ここに公開するページファイルを配置するようです。

Nuxt.jsはこのディレクトリ内の全てのvueファイルを読み込み、ルーターを作成する。

ディレクトリ名を変更することは基本できない。

plugins

vue.jsアプリケーションをインスタンス化する前に実行したいjavascriptプラグインを入れる、

コンポーネントをグローバルに登録したり、関数や定数を挿入するための場所。

static

サーバのルートに配置されるファイル。robots.txt、favicon.ico、とかは置くと良い。

ress.cssなどのリセットcssを配置しても良いかもしれない。

store

Vuexストアのファイル配置場所。

デフォルトでは無効になっているため、index.jsを作成することで有効となる。

nuxt.config.js

カスタム設定を記述する。

次はこのカスタム設定について記載していきます。


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/jszk/desnote.com/public_html/wpjs/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:658 Stack trace: #0 /home/jszk/desnote.com/public_html/wpjs/wp-includes/template-loader.php(78): include() #1 /home/jszk/desnote.com/public_html/wpjs/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/jszk/desn...') #2 /home/jszk/desnote.com/public_html/index.php(17): require('/home/jszk/desn...') #3 {main} thrown in /home/jszk/desnote.com/public_html/wpjs/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 658