こんにちは、@desnote_blogです。

var、let、const、変数宣言で絶対に利用するものですが、意外と把握していないことが多いのでまとめました。
es6対応でどれがどれだったか、いつもわからなくなる方、必見。

この記事の内容

var

  • 関数内で宣言したものが、関数外で使える
  • 関数外で宣言したものに、関数内で代入しても、別の変数と認識される
  • js独自な仕様

 let

  • es6の構文。使える箇所では基本こちらを使う。
  • 変数のスコープをブロックに限定する
  • 関数内で宣言したものは、関数内でしか使えない
  • 関数外で宣言したものに、関数内で代入すると上書きされる
  • javaで使う変数に似ている

const

  • 再宣言不可で、値の代入も不可能
  • 環境変数とかに利用するイメージ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)