被リンク分析・競合調査ツールAhrefs(エイチレフス)の使い方は?7日間トライアルを使ってみた。

 

noteで読んだ記事で紹介されており、どんなツールなのか7日間トライアルを使ってみました。

トライアルですが7$で有料で、無料版はありません。キャンセルができることも確認。忘れると自動で決済されるので注意。

有償トライアル期間中にキャンセルした場合は通常の月額費用は発生しません。

 

ahrefsとは

「SEOの被リンク分析・競合調査ツール | Ahrefs(エイチレフス)」

https://ahrefs.jp/

Ahrefs(エイチレフス)は世界で60万人が導入しているSEO分析ツールです。自社サイトだけでなくあらゆる競合サイトの被リンク分析(バックリンク)検索エンジンの上位表示コンテンツ、想定流入キーワード、ソーシャルメディアの反応を把握することが可能です。

Ahrefsの読み方は「エイチレフス」と呼びます。aはどこいったのかな。アンカータグ(<a href=””>)に関連しそうです。

基本は競合サイト分析のためのツール。競合サイトの分析結果と比較して、サイト分析やアフィリエイト分析する際にとても便利。

ahrefsの競合はどこでしょう「Googleキーワードプランナー」とかが有名ですね。ここら辺の調査ツールはまた調べてみます。

登録方法と導入方法

カード決済と、paypal決済が利用できます。

サイト連携

以下3つから選択できます。googleサーチコンソールと同じ印象。

キーワードの登録

あとでキーワード分析を行うために必要。レコメンドされているキーワードがいくつかあるのでそれを登録しておくと良い。

競合の設定

改めて思ったところで、競合ってどこでしょう。
レコメンド されているものもありますが、googleアナリティクスのSerachコンソールにて同じ検索キーワードに引っかかってくるサイトを競合にしてみました。
小規模のサイトや、個人ブログとかは競合が難しいですね。でも、自分のサイトの競合をある程度可視化しておくと、次のステップに行きやすいので検討してみようと思います。

プランの変更

トライアルプランはLiteとStandardと選べます。使える機能に違いがあるので、Standardにしておいた方が良さげです。

プラン変更はすぐできます。

戻すこともできます(デザイン抑え気味になる)

Ahrefsの機能

Ahrefsでできることは何でしょうか。基本機能を1つ1つ使ってみました。


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/jszk/desnote.com/public_html/wpjs/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:658 Stack trace: #0 /home/jszk/desnote.com/public_html/wpjs/wp-includes/template-loader.php(78): include() #1 /home/jszk/desnote.com/public_html/wpjs/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/jszk/desn...') #2 /home/jszk/desnote.com/public_html/index.php(17): require('/home/jszk/desn...') #3 {main} thrown in /home/jszk/desnote.com/public_html/wpjs/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 658