こんにちは、@desnote_blogです。

行ってきました。

AppBank Fello主催「DL数の少ないアプリで収益を増やす方法を学ぶ」
http://eventregist.com/e/uKzkk1IqspYV

大企業には関係ないかもしれないけど、個人にとっては重要な課題。
興味本意でという気持ちで参加させていただきました。
その内容を少しだけ紹介します。

※個人的な感想や、内容を記載しているので、実際のものとずれがある可能性があります。ご了承ください。

「複数のアプリをリリースすることによる、シナジー効果と収益化」

Marnishi 中西様

前職はカタログ通販で、アプリ開発はゼロからのスタート。
まずはアプリを作る上でのベース作りから始める。
月に2本は必ず開発し、このペースは業界でもかなり早いとのこと(僕自身月2本は難しそう・・)
コツコツ大量にアプリを生産して、収益の底上げしている。
次のアプリをリリースすると、他のアプリもあがることがあるらしい。

まとめると、
DLも少なく、ランキングに入らなくても、ベースを作ってコツコツユーザ数を稼げば収益化ははかれる。
素人はまず、ベース作りにどんどんアプリを出して行こう。

ただし、ジャンルは同じにしたほうが、効果は大きいという。

「100万DLアプリと同じ利益を1/6のDL数で稼ぐ」

Come-Come Cat 中尾様

放置型経営キミュレーションが主体。
初めて100万ダウンロードを達成した際に、なぜ達成できたか調査してみた。
結果わかったことは「ビギナーズラック」
法則やコツは見つからなかった。
毎回このようなアプリを開発するのは難しい。

次のアプリも儲けを考えず、ただ作りたいものを作った。
その結果また100万DL達成。
アプリで収益をあげる・儲ける・稼ぐコツは?
「プレイ時間の長さ」
「頻繁に起動させる」
「広告」+ 「課金」

放置型ゲームのデメリットは?
「飽きられること」

その対策は?
「ゲーム性を取り入れる」
例えば徐々に機能が増えて行くとか。

アプリの主な収入源はなに?
「アプリ内課金が4割」
よくあるハートを買うとかそういうたぐい。

AppBank Felloセミナー全体の感想

内容は大変貴重なお話を聞く事ができました。
今回懇親会に参加できなかったことが大変残念です。
次回、セミナーがありましたら参加したいと思います。

しいて言えば、WI-FIが会場で使えるとのことでしたが、WI-FIのパスワードを前方に表示している時間が数秒だったのでさすがにメモれずWI-FI使用できませんでした・・・。
次回はポケットwifiなど持って行こうと思います。

ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)