こんにちは、@desnote_blogです。

どちらもイベントハンドラー設定時に利用するもの。

結論

  • on()を使うこと。

on()

  • ページロード時の後、動的に追加された要素に対してもイベント付与する。
  • 最近はこちらを利用している傾向がある。なぜ利用するのか。新しいからか。
  • これ1つで、いろいろなイベントハンドラを設定できる。
  • 一度に複数のイベントハンドラーの設定も可能
  • off()でイベントハンドラーを削除できる

click()

  • ページロード時に存在する要素にイベント付加。動的に追加された要素に対しては付加しない。
  • 昔ながらのクリックした際のイベント設定関数。

その他

  • jsの実行タイミングに気をつければ上記の指摘は気にしなくてもいいのではと思ってしまう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)